肛門.jpTOPページへ戻る

いぼ痔とは?いぼ痔の進行度数分類いぼ痔の治療
いっくんとコロンちゃんのQ&A
 
いぼ痔(内痔核)とは?
 
内痔核(=いぼ痔)とは、肛門の奥(直腸との境)に生じた静脈のかたまりをいいます。りきみや便秘によりうっ血し膨らみ、出血しやすくなります。この位置は基本的に痛みの神経がないところなので痛みは伴いません。
 
また内痔核の付け根の粘膜が緩んで、たるんでくると肛門の外に飛び出してきます。これを脱肛といいます。うっ血は軟膏により炎症を抑えると軽快しますが、粘膜のたるみは薬では改善しないため脱肛がある場合には手術による治療が必要となります。(入院5日〜14日)
 
内外痔核は内痔核に肛門周囲の静脈のかたまりが加わったものをいいます。肛門粘膜は痛みの神経が敏感なため、痛みを伴います
 
 
いぼ痔はなぜできるか?

 
それは人間が二足歩行で歩いているからです。4つ足歩行の動物には、いぼ痔はできないとされています。
 
排便という行為が動物であるゆえ生活上必要なものである以上肛門(便の出口)があるのは当然ですが、その位置が心臓より下にある(二足歩行)のは人間だけなのです。
 
そのため血流は重力の関係で肛門にうっ滞しやすく『痔』となるのです。
  
break
上野動物園でヤギの写真を
撮ってきました!
ほらね!
ヤギの肛門はきれいでしょう?
でもペンギンは
二足歩行ですが・・・・?
ヤギ ヤギのおしり ペンギン
 
痔は『りんごの木』にできた『リンゴの実』であると考えるとわかりやすいと思います。

         

りんごの木でも『実がなりやすい木』と『実がなりにくい木』があるように体質的に『痔になりやすい人』と『痔になりにくい人』がいます。
 
りんごの実は大きくなってくると枝に負担がかかってきます。これが痔ができたことによる肛門の症状としてでてきます。しまいには枝がしなって地面に実がつくようになったとします。これをいぼ痔の脱肛と考えるとわかりやすいと思います。
 
最初のうちは枝に当て木をしたりして実が地面につかないように工夫をします(姑息的な痔の手術)が結局のところ完全に治すには実をもぎ取ら(痔の切除)ねばなりません。
 
よく『いぼ痔の手術』をすれば2度といぼ痔にはなりませんか?というご質問を受けますが、基本的に痔の手術というのは前述のように実をとることが基本となります。木があれば実がなります。実がなりやすい木はなおさらです。決して木をなくすことが痔の手術ではないので、当然痔はまたできてしまうのです・・・・。

  
POINT!
・いぼ痔は内痔核といい静脈のかたまり
・内痔核は痛くない!
・脱肛はクスリでは治らない
▲TOP
 
 
いぼ痔の進行度数分類

いぼ痔の進行度数T度 T度
出血が主な症状でいぼ痔の肛門外への脱出はない。

内痔核が腫れており便がこすれて出血します。

この段階では患者さんは出血に対する不安から医療機関を訪れます。そこで肛門の診察ではじめて内痔核の存在を知ることになります。
 
 
U度

排便時にいぼ痔が肛門外に脱出するのを自覚するものの自然にいぼ痔が肛門内に戻る。

内痔核の土台の粘膜がたるむことにより便に押し出されて脱出するようになるがまだ自然に戻る力がある。

この段階では患者さんは排便時に脱出する内痔核の存在に気づいています。わずらわしさを感じたり残便感や出血に対する不安から医療機関を訪れます。
 
 
V度

排便時に脱出したいぼ痔を指で押し戻すようになる。

内痔核の土台の粘膜がたるんでしまっている為便に押し出されて脱出した痔核が自然には元に戻らなくなる。(PHOTO:痔核

この段階では患者さんは排便時に脱出する内痔核に対しかなりわずらわしさを感じてきますので、どうにか治せないものかと悩むようになってきたり、残便感や出血に対する不安から医療機関を訪れます。

 
W度

排便に関係なくいぼ痔が脱出してきてしまう。

内痔核の土台の粘膜が緩みきってしまっているため排便に関係なく痔核が肛門外に脱出する。PHOTO:外痔核主体の全周性痔核

この段階では患者さんは脱出する内痔核に対し軟膏や姑息的な手術などを経験しており、すでに手術を覚悟されて医療機関を訪れる方が多い。 
 
  
 ▲TOP
 
 
いぼ痔の治療

 
T度の治療
  • 便通の改善
  • 軟膏(座薬)により痔核の浮腫みを抑える
  • 出血に関しては注射硬化療法が効果的 
 
U度の治療
  • 便通の改善
  • 軟膏(座薬)により痔核の浮腫みを抑える
  • 脱出が軽度であれば、ALTA療法(ジオン注)、ゴム輪結紮術が有効 
 
V度の治療
 
W度の治療
 
嵌頓(かんとん)痔核の治療
嵌頓(かんとん)痔核とは・・・
 
脱出した痔核が肛門括約筋により締められて腫脹し、血栓(血まめ)を生じたり一部壊死(腐る)したりして全く元に戻らなくなってしまったため激しい痛みに襲われる状態です。



 

嵌頓(かんとん)痔核の治療 できれば腫れが引くまで軟膏を塗り痛み止めを服用し脱肛してくる部分がなるべく小さくなってから切除するのが最前の方法です。それは痔核周囲の本来正常な粘膜も腫れあがってしまっており、ほぼ全周性に腫れあがった部分をすべて切除したら、傷が治った後に肛門狭窄などの障害を残す恐れが強いからです。
 
▲TOP


 
おすすめ肛門科
 
おすすめの肛門科とは正確な診断、安心できる治療はもちろんのこと当サイトの管理人の調べにより年間の手術件数や大腸検査件数また評判や設備の充実を元に独断で掲載しています。


アイビー大腸肛門クリニック
胃・大腸・肛門センターの内視鏡検査医師は全員専門医です。安心かつ安楽、確実に検査をすることをお約束します。
アイビー大腸肛門クリニック
東京のJR巣鴨駅から徒歩1分の利便性。女性も安心の女性専用外来も設けました。痔・脱腸などの疾患でお悩みの女性の患者様にご利用いただいております。
女性外来の重要性について
恥ずかしくて、診療を敬遠していた女性の皆様に朗報です。女性医師、女性スタッフによる、『女性専用外来』があります。


orange通信 便秘ドットJP 肛門手術バーチャル
大腸カメラを楽に受けようよ! 胃カメラを楽に受けようよ! ソケイヘルニアTV
女性専用外来 女性専門外来の需要 下肢静脈瘤サイト