オレン痔通信
いぼ痔とは?
いぼ痔の原因
肛門の機能
いぼ痔の進行
いぼ痔の進行度分類
いぼ痔の治療
いぼ痔の治療
ALTA療法(ジオン注)
PPH法
痔核結紮切除術(従来法)
肛門科へ行こう
肛門科とは
肛門科での検査
肛門科の麻酔
外来から手術まで
いぼ痔のケア
痔を予防するコツ



おすすめサイト

教えて!ソケイヘルニア.TV
大腸カメラを楽に受けようよ
胃カメラを楽に受けようよ!
胃腸.JP
肛門.JP
Orange通信
便秘解消サイト 『Bempi.jp』
目指せ! へそ美人
  『でべそ.COM』
スポーツ医学.JP
足のコブ(下肢静脈瘤)を
治療しよう



TOP >肛門科の麻酔

肛門科の麻酔

局所麻酔

主に血栓性性外痔核,肛門ポリープ、肛門周囲膿瘍に使用します。歯医者さんの麻酔と同じでメスを入れる場所に直接麻酔薬(キシロカイン)を注入します。簡便ですが持続時間は短く、炎症が強い部位には効きが悪いため痛みを伴う場合もあります。

局所麻酔

静脈麻酔

静脈麻酔すべての疾患が対象です。血管から麻酔薬を入れて眠っている状態にする麻酔です。

効果時間の短い麻酔薬を使うため、短時間で痛みの少ない手術に用いられます。手術が終わる前に麻酔が浅くなるようであれば、再び麻酔薬を追加投与します。

ただし副作用に不整脈、呼吸困難(喘息発作)、アレルギー、ショック、覚醒遅延の可能性もあり注意深い使用が必要です。

 

 

仙骨硬膜外麻酔

仙骨硬膜外麻酔脊椎硬膜外腔は、脊椎を保護している硬膜と黄色靭帯や脊椎骨膜部でできている間隙です。

仙骨硬膜外麻酔は仙骨部(人間にしっぽがあるとしたら生えているところ付近)の硬膜外腔に麻酔薬を注入して脊椎神経を麻痺させる方法です。肛門付近のみが麻痺し十分な筋肉の弛緩が得られ日帰り手術に好んで使用されます。

腰椎麻酔

脊椎管内のくも膜下腔(脊髄を保護するために脳脊髄液を溜めているところ)に 麻酔薬を注入して、脊髄神経を麻痺させる方法です。この麻酔法は、腹部より足側の神経を麻痺させますが、効果の現れ方が速やかで、十分な筋の弛緩が得られることが特徴です。多くの肛門疾患の麻酔はこの方法が主体です。

腰椎麻酔



アイビー大腸肛門クリニック 寺田病院 胃・大腸肛門センター
女性専門外来の需要 女性専用外来


Copyright (C) 2008 Medical union.Co.,Ltd All Rights Reserved.
トップページへ リンク プライバシーポリシー サイトの運営に関して オレン痔通信