切開排膿の写真
写真1-1
肛門周囲(左側)に熱感を伴った腫れを認める(押すと痛がる)
肛門周囲膿瘍 切開排膿
写真1-2
肛門周囲膿瘍と診断した。(深くは無いが範囲が大きい)
肛門周囲膿瘍 切開排膿
写真1-3
メスにて切れ目を入れます
肛門周囲膿瘍 切開排膿
写真1-4
鉗子を深く挿入し膿瘍の貯まっている部位まで到達
肛門周囲膿瘍 切開排膿
写真1-5
膿瘍(うみ)がたっぷり流出
肛門周囲膿瘍 切開排膿
写真1-6
ドレーン(膿が出るための管)を挿入し終了
肛門周囲膿瘍 切開排膿
肛門周囲膿瘍の写真
写真2-1
肛門周囲膿瘍
写真2-2
臀部まで拡大してしまった肛門周囲膿瘍
写真2-3
大量に排膿
写真2-4
ドレーン挿入
おおよそ3日〜7日で膿瘍はすべて流出しドレーンは抜けます。その後穴が塞がり腫れや炎症が完全におさまったところで痔ろうの根治手術をするのが望ましいのです。
 
しかし・・・人間は痛みが無くなると『治ったんじゃないかな?手術しなくて大丈夫だろう』『また入院して手術嫌だな。今度痛くなったらまた考えよう』とか・・・考えてしまいがちです。
 
また強烈な痛みを味合わないようにしっかり根治手術をすることが大事なのです。
||| CLOSE |||