肛門.jpTOPページへ戻る

大腸内視鏡検査の手順 大腸内視鏡検査体験談

 
 
大腸内視鏡検査の手順
 
「内視鏡検査を受けてみたいけど、何をするか・・・不安だ」痛みを伴いそうで、怖い・・・」
そんな不安から、検査を思いとどまっている方も多いことでしょう。

本コーナーでは、実際に行われている内視鏡検査の手順をご説明します。


2リットルの下剤を飲んで腸内を洗浄します 便が透明になるまでトイレに通います

検査着に着替えて内視鏡室へ 看護婦さんの説明を受けます

ベットに横になり注射を打つとフワッといい気持ちになります
検査開始です

検査終了。楽に検査ができました。 回復室で休んでいただきます

検査の結果を写真と伴にわかりやすく説明します
  
参照サイト:
▲TOP
 
 
大腸内視鏡検査 体験談

患者さまが書かれた体験記です。ご本人の了解を得てその一部を掲載しています。


 ■いよいよ検査開始!
 
検査室には、お医者さんと看護婦さんがいました。まず、腕に注射(鎮静剤)をされました。少し顔を上げるとモニターが目に入り、不安気な顔をしていたのでしょうか、看護婦さんから「腸の中が写りますよ」「痛くないから心配しなくても大丈夫ですよ」と声をかけられました。ちょっと安心。

お医者さんが何やら黒く長い管みたいなものを手に持ちました。ファイバースコープです。これが我がお尻に入るのか。モニターにお尻が写りはじめ、このような角度から自分のお尻を見たことがないと思っていると、ファイバースコープが腸の中に入り始めました。腸の中は、粘液質でぶよぶよとした感じで、汚れたピンク色の肉で自分の体の中とはいえ、不気味でした。


 ■ポリープ発見!
 
痛みは全然ありません。薬のせいか少しウトウトしながらも自分の腸の中をしっかり見ていると、お医者さんから「ポリープが一つあるね」と言われました。

きれいなところもありましたが、あれだけ便を出しながら、便が残って、もやがかかっているような場所があったりして、さながら洞窟探検のようで、私にはどこにあったかなど分かるはずもなく、でもお医者さんは見逃しませんでした。

ポリープは、その場で切除してもらいました。切除といっても相変わらず痛みはありませんでした。時間にすると10分ぐらいで、あっという間に終わっていました。


 ■検査後の説明
 
回復室で1時間程度休み、その後ドクターから検査結果を聞きました。

「小指の先くらいの少し大きなポリープだった。多分、これが原因で便潜血反応が出たのでは。ポリープは病理検査に出し、良性かどうか確認する。」と言われました。「もしかしたら、がん?」少し不安でした。検査の結果は、2週間後とのことでした。(略)


 ■検査結果は?
 
ところで、ポリープの病理検査の結果ですが、幸い悪性でなく、これ以上の治療はありませんでしたが、1年に1回程度定期的に検査をした方がよいと言われました。
 
また受診します。次回の検査が楽しみです?

  
▲TOP

 
おすすめ肛門科
 
おすすめの肛門科とは正確な診断、安心できる治療はもちろんのこと当サイトの管理人の調べにより年間の手術件数や大腸検査件数また評判や設備の充実を元に独断で掲載しています。


アイビー大腸肛門クリニック
胃・大腸・肛門センターの内視鏡検査医師は全員専門医です。安心かつ安楽、確実に検査をすることをお約束します。
アイビー大腸肛門クリニック
東京のJR巣鴨駅から徒歩1分の利便性。女性も安心の女性専用外来も設けました。痔・脱腸などの疾患でお悩みの女性の患者様にご利用いただいております。
女性外来の重要性について
恥ずかしくて、診療を敬遠していた女性の皆様に朗報です。女性医師、女性スタッフによる、『女性専用外来』があります。


orange通信 便秘ドットJP 肛門手術バーチャル
大腸カメラを楽に受けようよ! 胃カメラを楽に受けようよ! ソケイヘルニアTV
女性専用外来 女性専門外来の需要 下肢静脈瘤サイト