手術室
受け持ち看護師より手術室看護師に申し送り
申し送り
手術室
看護師
手術室看護師 ○○様ですね。
患者 患者 はい。そうです。

手術台に誘導
<仙骨麻酔(サドル・ブロック)の場合>
手術室
看護師
手術室看護師 では麻酔の姿勢をとります。ベットに腰を下ろして座ってください。腰に針を刺します。
患者 患者 何だか台から落ちそうで・・・。針も痛そうで怖いです。
手術室
看護師
手術室看護師 大丈夫ですよ。私がそばについていますから。落ちないので安心してください。針は一瞬チクッとしますがすぐ終わりますので心配しなくて大丈夫ですよ。
医師 医師 それではまず腰の注射をするところに消毒しますね。ちょっと冷たいですよ。スースーする感じです。では麻酔の針を刺しますが刺した瞬間に腰を引くと針が入りにくくなるばかりでなく危ないので一瞬チクッとしても我慢してください。
<仙骨麻酔終了>
医師 医師 はい終わりましたよ。どうですか?
患者 患者 えっもう終わったんですか?ちょっとチクッとしたけどぜんぜん平気でした。心配して損しちゃった!
医師 医師 ハハハ。そうですか。だんだんお尻の周りがポワッと温かい感じがしてきてしびれてきます。
手術室
看護師
手術室看護師 ではゆっくりと足を伸ばしましょう。頭の位置も戻しますね。血圧を測りますので血圧計を点滴の入っていない方に巻かせて頂きます。2分半ごとに測定しますので腕が少し圧迫されます。
患者 患者 はい。わかりました。
手術室
看護師
手術室看護師 酸素濃度お手伝いしましょう。手が台から落ちないように軽く手首を結わかせていただきます。人差し指に酸素濃度を測る機器を付けますよ。
患者 患者 はい。
医師 医師 これから肛門部の消毒します。
患者 患者 はい。
医師 医師 肛門の広がりを見ながら麻酔の確認をします。
痛いですか?(皮膚をセッシでつまむ)
患者 患者 いえ。全く痛くないです。

手術終了
手術室
看護師
手術室看護師 ご気分いかがですか?
患者 患者 大丈夫です。
手術室
看護師
手術室看護師 手術終わりましたよ。
患者 患者 えっ?もう終わりですか?あっという間でしたね。
手術室
看護師
手術室看護師 無事に手術が終わりました。
後ほどお部屋にうかがいますのでお部屋でゆっくりお休み下さい。
患者 患者 はい。ありがとうございました。
HOMEに戻る> リンク:|肛門.JPオレンぢ通信