日帰り手術×入院手術比較
何も日帰り手術が楽というわけではない!
日帰り手術と入院手術の大きな違いは麻酔の違いです!
■入院手術の麻酔(腰椎麻酔)
入院手術にて行われる腰椎麻酔は下半身麻酔ともいい手術中は下半身の知覚が麻痺するため痛みは伴いません。
 
比較的安全な麻酔で注射時も痛みはほとんどありませんが、下半身の運動も麻痺してしまう為、術後3時間くらいで麻酔が醒めても、帰宅途中に転倒してしまったり、尿閉(排尿神経の麻痺)を起こす危険性があり少なくとも1泊入院以上を余儀なくされるのです。
【腰椎麻酔】
引用:肛門.JP
■日帰り手術の麻酔(局所麻酔)
日帰り手術に最も適した麻酔は局所麻酔や仙骨麻酔です。肛門を中心に注射を何回か刺し、皮下から脂肪層、筋層、神経周囲に麻酔を浸潤させます。局所の症状が小さい方や痩せ型の方にはこの麻酔でも十分可能であると思います。
 
しかし何箇所もの痔核を切除したり、合併症をお持ちの方には不向きな麻酔と言わざる負えません。
もっともお仕事の関係でどうしても入院できない方や合併疾患の為に腰椎麻酔を控えたい方には局所麻酔による日帰り手術が適しているとも言えますが、手術当日の慌しさや、術後の帰宅を考えると短期入院手術(術後1,2泊)の方が実は評判がよかったりします。
 
また痔の手術の後にもっとも心配なのは"排便"です。術後はじめての排便はどなたでも不安であり怖いと思います。その排便がしっかり出るようになり、硬くも無く下痢でもなくほどよい便をするための緩下剤の分量が判るには数日かかってしまうのです。
 
高速道路で急に120Kmで走れといわれても困りますよね。そのために高速道路には加速するための側道があるのです。痔の術後も同じです。入院中にしっかり勢いをつけ(排便に慣れ)て退院後ひ不安の無い生活を送る必要があるのです。
 
日帰り手術のまとめ
■日帰り手術とは?
手術当日に病院へ来院し、手術を施行した同日に帰宅する手術のことです。しかし、『Day Surgery』というと24時間以内に退院する(1泊入院を含む)という意味が含まれることがあります。
■日帰り手術としての長所は?
最も明らかなのは『入院による時間的拘束の短縮』でしょう。仕事や家庭環境において入院が難しい方や入院による精神的な苦痛の軽減、また入院費用の経済的負担が軽減されます。
■日帰り手術を受けられる条件としては?
医療機関が自宅に近いこと。もしくは手術後に異常があった場合にすぐに対処できる位置にいることが出来る方が対象になります。また重度な合併症(心臓、肝臓疾患、糖尿病など)をお持ちの方や高齢者、一人暮らしの方は日帰り手術が適さない場合があります。
■日帰り手術の現状
日帰り手術は確かに近年増加してきました。しかし実際には入院施設の無い医療機関では日帰り手術をするしか選択肢は無いわけです。
 
本当は短期入院(術後3泊7泊程度:手術当日入院、翌日退院するシステム)での手術が適当と思われても多少無理して日帰り手術をしている施設も多いと思われます。もちろん入院期間は患者さんのご希望に沿って考えられるべきところもありますので、お近くの肛門専門病院に問い合わせてみるといいでしょう。
■保険会社の給付金について
日帰り手術の場合、入院給付金の支払いの対象にならない場合があります。現在加入されている契約内容により異なりますので、保険会社に問い合わせるといいでしょう。
参照:医療保険ナビ
HOMEに戻る> リンク:|肛門.JPオレンぢ通信